グルコサミンとコンドロイチンの違いを比較

グルコサミンとコンドロイチンの違い

グルコサミンとコンドロイチンの違い

グルコサミンとコンドロイチンは似たような働きをする成分ですが、はっきりした違いがあるということも忘れてはなりません。

 

では、グルコサミンとコンドロイチンにはどのような違いがあるのでしょうか。

 

以下でその違いについて比較していきたいと思いますので、参考にしてください。

 

軟骨の再生への働き

グルコサミンとコンドロイチンは、どちらも関節痛の緩和に効果が期待できるといわれています。

 

これは、グルコサミンとコンドロイチン両方とも軟骨に働きかける作用があるためです。

 

ただし、軟骨を再生させる働きがあるのはグルコサミンとなっており、コンドロイチンには軟骨そのものを再生させる働きは基本的にありません。

 

コンドロイチンには軟骨に弾力を与える働きがあるといわれており、軟骨が弾力を持つことで関節の動きをスムーズにし、痛みを緩和すると言われています。

 

ちなみに、グルコサミンは天然アミノ糖の一種ですが、コンドロイチンはムコ多糖類の一種です。

 

関節痛を緩和するためには、グルコサミンとコンドロイチンを同時に摂取したほうが高い効果が期待できると考えられています。


グルコサミンとコンドロイチン 口コミ

 

グルコサミンサプリメントを飲んでいたのですが、なかなか関節痛が良くならなかったので、コンドロイチンサプリメントも一緒に飲むようにしました。
すると、徐々に関節の痛みが軽くなっていくのを実感できましたよ。

 

【埼玉県 山田朱美】


 

グルコサミンとコンドロイチンのサプリメントを別々に摂取するのは面倒なので、一緒に入っているサプリメントを購入しました。
グルコサミンとコンドロイチンは一緒に摂ったほうが良いみたいですもんね。

 

【和歌山県 宮崎哲夫】


 

グルコサミンとコンドロイチンに違いがあるとは知りませんでした。
グルコサミンとコンドロイチンどちらかだけを飲むより、両方とも飲んだほうが関節痛には良いそうですね。
今度から2つが一緒に入っているサプリメントを買おうと思います。

 

【宮崎県 柴咲仁絵】


 

⇒人気1グルコサミン・コンドロイチンサプリメントはこちら